2005年10月16日

野ブタ。をプロデュース/PRODUCE1

主人公、桐谷修二はクラスの人気者を演じる高校生。
周りには明るくクラスのリーダーの様に振る舞っているが、
考えが実はかなりネガい。(ネガティブなこと)
このガキのような奴(クラスメート)を本気で扱わずに
毎日をやり過ごしていけば良いと考えてるから重度のネガ。
その修二の唯一苦手な天敵、草野 彰。
彼はだらしなく、明るく振る舞っている。(でもかなりコケてる)
修二を親友と思い込んでいる彼はなにかと修二に
ひっついてくるから修二にしては面白くないのだろう。
そんな中、性格がメッチャくらい…つーか暗すぎる北海道からの
転校生、小谷信子。やっぱそういう暗い子はいじめの
標的になってしまうのである。そして修二はその子を
プロデュースすることを引き受けてしまうのである。

感想。面白い!!というよりこういう雰囲気良いわ。
先生とかじゃなくってクラスの中の誰かが動くっていうのが。
しかし、彰のキャラがむ…(自主規制)
とにかく、思ったのは人をプロデュースしていく中で
彼らも変わっていくんじゃないかなーって事。

野ブタっていうのはいじめられっ子の少女、信子のあだ名
なんだということをおもった。ではそのあらすじを…。

信子は、またそのイジメをするグループに絡まれて、
下駄箱のところに投げつけられてしまう。
しかし信子は、あの二人に「いじめられたくなかったら
自分の中から変えろ」と言われたことを思い出して、
いじめグループに対抗する。そして校舎のなかを飛び出す。
にげていったが、信子は砂場のところで追い付かれてしまう。
そこで色々蹴飛ばされたりしてしまう。そしてまた逃げ出す。
その時、信子のネクタイがおちてしまう。
まあ、そんで一区切りして、修二がネクタイ拾って
信子に渡すと。破けてしまったネクタイのところには
ブタのアップリケ。

…ブタはねえだろおい!!!
ブタってある意味侮辱だろ!!!
…と思ったのはウチだけではないはず…。

とにかく、次回が楽しみっす!!!
楽しみすぎて、家中暴れ回った人…。
posted by エディー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8202326

この記事へのトラックバック

ドラマ 『野ブタ。をプロデュース』からのメッセージ
Excerpt: 学校の中だけでなく、大人の中でも、生きててもつまらない事ばかりに思えて、「もういやや」って思う人ってけっこういるんやろう。 思いつめるとそれはなかなか抜け出せないやっかいなものっぽい。 その反面、..
Weblog: ドラマに学ぶ人生のコンサルタント
Tracked: 2005-10-18 03:52

野ブタ。をプロデュース、内村プロデュース。
Excerpt: 日テレ土9枠の当たり率が高いなぁ。 先週から始まった「野ブタ。をプロデュース」、面白いですよーーっ! 内容を簡単に話しますと、 いじめられっ子をクラスの人気者にするまでの課程を描いた物語!ですっ..
Weblog: 変化という流れの中で。
Tracked: 2005-10-23 00:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。