2006年08月26日

Missing(電撃文庫)

いまさらですが、Missing(電撃文庫)、



読み終わりました。



知らない人は置いていくよ。それがこのブログの
セオリー。(嫌だそんなセオリー!!)
全部借りて読みましたよ。ええ。


ま。簡単に言うと空目恭一があやめという下僕を利用して
さまざまな怪奇に立ち向かっていく話。途中グロとかあるよ。
挿絵翠川しんの綺麗なかんじなのにもかかわらず、ね。

あ、感想ぼちぼち。ラストは言わないが「Missingらしい」につきる。
うん、最強だ。何か空目と亜紀、俊也と空目のコンビがいい。
あと生贄の物語が印象に残ってる。うん、変な意味じゃなくてだよ。
あやめはair/まごころを、君に。といった感じで無視して読んでる。。
つまり空気みたい。あれ、ヴァン?まあいいや。俊也最後どこいった
のかな?黒服に粛正されたのかな?といってみるよ。。
Missing関連のイラスト書いてるサイトとかあったらカモン、と
小声で言ってみるスレ。

で完読祝いにこんなものを書いてみる。
utume.jpg
「コートの中には まものがすむの 頼れる仲間は みんな
 目が死んでる バレーにかけた青春 でも みんな目が死んでる」
ギャグマンガ日和のアニメのOP。空目恭一のカラオケの十八番です。
ま、お互い目が死んでるよ。俊也も亜紀もいろいろ目がしんでそう。
あやめは元々死んでるから言うことなしだよ、魔王様!!!

後まじめなのもかいとく。心理描写とか緊張感(あれ?)の描写が
迫るものがある。現実感あふれる描写に夢中になった。あと
キャラがどこか狂ってる。それがすきだ。なんかくるったひとに
おもわれそうだけど。。キャラ、嫌いなキャラがいないのもいい。
「みんなすき」とか思ってよんでる人は多いよ。ま、表紙に
だまされないであげてね。一見して表紙が「ヲタっ!!」て引いたけど
中身はホラーなかんじでいいよ。食わず嫌いは罪だよ。

ところで、
空目と小崎魔津方が一緒に歌ったCDがほしい。ほんとに。
posted by エディー at 21:07| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22851883

この記事へのトラックバック


Excerpt: 電撃文庫電撃文庫(でんげきぶんこ)は、1993年6月、メディアワークスより創刊した、ライトノベルを中心とした日本の文庫レーベル。.wikilis{font-size:10px;color:#66666..
Weblog: 雑誌辞典
Tracked: 2007-11-28 13:35


Excerpt: 電撃文庫電撃文庫(でんげきぶんこ)は、1993年6月、メディアワークスより創刊した、ライトノベルを中心とした日本の文庫レーベル。.wikilis{font-size:10px;color:#66666..
Weblog: 雑誌辞典
Tracked: 2007-12-02 11:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。