2005年10月31日

交響詩篇エウレカセブンEPISODE 27 28

前回書けなかったので前回のエウレカセブンと
今回のエウレカセブンの感想をまとめて書きたいと思います。
タイトルはEPISODE27はヘルタースケルター、28はメメントモリ。
主に主要キャラ4人(レントン、エウレカ、ホランド、タルホ)
とビームス夫妻が絡んでますね〜。両方とも話が繋がってる感じ。

EPISODE27で結構コーラリアンとかヴォダラク過激派などの動きが
新聞に報道されていたりと、民衆を不安にさせるニュースが
増えてきていることが分かる。そこでの話。

ヒルダ「ホランドみたいな人が政治をやればいいのに」
マシュー「でも何か(ホランドとは)ちがくね?」
ヒルダ「それもそうね」

ホランドマジピーーンチ!!

月光号のみんなから信頼が薄れていくホランド。
んで戦闘準備を着々と進めていく人々。
そして…そこにビームス夫妻がやってくるのさ…。
月光号がかなり破損したが、何とか勝利した月光号。
でも、チャールズさんがホランドにやられてしまうのさ。
そこにタルホに拘束されたレイ。レイさんは夫に別れを告げたいと、
一度解放される。しかし!!!

レイは夫に爆弾を仕組んでいたのだ。そしてレイは脱出した。
何とも後味の悪い結果となってしまったのである。

EPISODE28は汚い部屋、イカれたハミングを口ずさむ人から始まる。
それは、変わり果ててしまったレイだった。
…レイの役やっている人とかその歌考えた人すげぇ、と
感心してしまった馬鹿。(ワーイ)
そして、レイは月光号を一人で襲撃する。
まだ続きがあります…
posted by エディー at 20:48| Comment(2) | TrackBack(15) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。